あいどるニュース!

当サイトは、アイドルに関する情報の5chやTwitterの声をまとめています

    カテゴリ: TV

    • カテゴリ:

    キム・ジェウクとパク・ミニョンが主演した韓国ドラマ「彼女の私生活」のDVD-BOX1が5月8日(水)に、DVD-BOX2が6月3日(水)にそれぞれ発売される。

    【写真を見る】「彼女の私生活」DVDジャケット画像

    ■ 「彼女の私生活」ストーリー

    ソン・ドクミ(パク・ミニョン)は仕事中毒と言われるほど完璧に仕事をこなす美術館の学芸員。しかし、プライベートでは熱狂的なアイドルオタクで仕事を終えるとカメラを片手にオタク活動に励んでいる。

    ある日、上司のオム・ソヘ館長(キム・ソニョン)の裏金問題が発覚し、美術館に新しい館長が就任することが決まる。それは海外のオークション会場で最悪の出会い方をしたライアンゴールド(キム・ジェウク)だった…。

    ■ 人気キャストの共演

    ヒットドラマコーヒープリンス1号店」で注目を集めた演技派イケメン俳優キム・ジェウクと、“新・ラブコメクイーン”の異名を持つ実力派女優パク・ミニョンの最強ダッグが話題になった本作。女性たちの心を揺さぶって離さない胸キュンシーンがたっぷりと収められている。

    5月2日(土)より TSUTAYA先行でDVDレンタルも開始される。(ザテレビジョン

    「彼女の私生活」より


    (出典 news.nicovideo.jp)


    • カテゴリ:

     グラビアアイドルの天木じゅん、松嶋えいみ、森咲智美が『WinTicket ミッドナイト競輪 川崎 F2 最終日 WinTicket杯』の生放送に登場。女子会スペシャルで、グラビアアイドルたちが本音トークを見せた。

     この日は現在のトップグラドルたちに加え、AbemaTVの西澤由夏アナウンサーと湯本雛子リポーターによる『男子禁制、女だらけの女子会スペシャル』。女子会らしく、番組内ではグラドルたちの本音トークで盛り上がった。

     ゲストの中では松嶋が出場回数が一番多かったため、森咲や天木に車券の買い方をレクチャーする。競争得点など出生表が大事であるとしながらも「あとは……。顔? 1番の田中(孝法)選手はこの中で1番の好み」と、好みの顔の選手の車券は購入するようだ。

     すると森崎は「私は6番(木村譲選手)。私のお父さんに似ていて、親近感がわきますね。安心感がありそうな方だなって」。天木も「私は4番の内村(竜也)選手。男らしい感じで守ってくれそうな感じですね」と、それぞれが好みの選手を披露していく。

     さらに3人は、高額車券が的中した際の使い道についても会話が弾む。森咲は「おうちですかね。資産家になりたくて、下着屋の社長もいいですね」と夢が膨らむ。すると松嶋が「え!? 雇って!!」とオファーを出せば、天木も「着たい! お胸が大きいと下着とか大変だから」とグラドルならではの悩みを抱えているようだ。

     一方の松嶋は「私は新しいiPhoneが欲しい。今までは画質とか気にしてなかったですけど、最近めちゃくちゃ気になって」と最新のスマートフォンに興味津々。すると天木は、タピオカに似ていると話題の最新iPhoneの11 Proを使用しているようで「私はタピオカだよー」と、ここからゲストアナウンサーを含めた自撮りが行われるなどやりたい放題に。そんな天木は「私は1カ月分の家賃が欲しい」とこちらは現実的な目標となった。

     女子会らしくトークに花が咲いた今回の放送では、初登場の天木が回収率100%を達成。一方、ゲストのなかではベテランの松嶋は12%に終わった。好成績だったのは森咲で、高額車券を2レース的中させて、2万1600ポイントから9万2733ポイントと大きくプラスとなり、回収率は224%となった。
    AbemaTV/「WinTicket ミッドナイト競輪」より)
     

    ▶スマホでかんたん!競輪の投票するなら「WinTicket」

    天木じゅん、松嶋えいみ、森咲智美がガールズトーク 森咲の野望は「下着屋の社長」/ミッドナイト競輪


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>



    • カテゴリ:

    3月16日(月)に4時間生放送される「CDTVスペシャル卒業ソング音楽祭2020」(夜7:00-10:57、TBS系)の出演アーティスト第1弾が発表された。

    【写真を見る】イナズママークがかわいい番組ロゴ

    今回、出演が明らかになったのは、秋山黄色、EXIT×スカイピースAKB48川嶋あい関ジャニ∞コブクロSHISHAMO、SPICY CHOCOLATE feat.ファンキー加藤&ベリーグッドマン、DA PUMPNEWS乃木坂46ファンキー加藤、flumpoolLittle Glee Monster(※50音順)。

    番組では、楽曲やライブに対するアーティストの“思い”を徹底取材し、それを基に彼ら自身のこだわりや発案を反映させたスペシャルステージを作り上げた。

    令和初の卒業生たちへ送るライブパフォーマンスの他、普段は見られない打ち合わせの様子など放送される。普段とは一味違う「熱」のこもったステージに注目だ。

    また、進行は2019年と同様に江藤愛TBSアナウンサーが担当。3月30日(月)にスタートする新番組「CDTVライブライブ!」と合わせ、さまざまな新コーナーも企画中。

    追加出演アーティストコーナーの詳細は、今後続々と発表される。(ザテレビジョン

    令和初の卒業生へ歌の祝福を送るアーティスト第1弾を発表!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>



    • カテゴリ:

    ■「後輩たちの映像を観ながらナレーションを撮るのはすごく新鮮でした」(乃木坂46・秋元真夏)

    【動画】乃木坂46の4期生メンバーが出演するドラマ『サムのこと』のTVCM

    乃木坂46が出演するdTVのオリジナル連続ドラマ『サムのこと』のTVCMが、本日3月6日から全国(一部地域除く)で放映開始となる。
    乃木坂46の4期生、遠藤さくら、早川聖来、田村真佑、掛橋沙耶香、金川紗耶、筒井あやめ、矢久保美緒と、グループキャプテンを務める秋元真夏が出演が出演する『サムのこと』は、同じアイドルグループメンバーだったサムが亡くなったことをきっかけに集まった元メンバーの4人が当時を振り返る過程で、仲間を失った喪失感が生きる希望へと変わっていく模様を描いた群像劇

    乃木坂46の今がここにある”をコンセプトにしたTVCMには、ドラマ初挑戦となる4期生メンバーが演技に対して不安を感じている様子や、本編で堂々とした演技を披露する姿などが収められており、メンバーの成長が感じられる内容となっている。

    ナレーションは、ドラマで熱血振付師役を演じた秋元真夏が担当。4期生の背中を押すような優しくも力強いナレーションをつけている。

    これまで様々なナレーションを経験している秋元だが、TVCMナレーションは今回が初。しかし、ほぼノーミスで撮影を終えたという。

    YouTubeでは、TVCMと秋元のナレーション収録の模様を収めた動画が公開された。要チェックだ。

    そして、ドラマ主題歌が4期生が歌う楽曲「I see...」に決定。この曲は、前向きで明るいアップテンポメロディに乗せ、ドラマメッセージでもある“わたしたち大丈夫”という想いを力強く表現したナンバー。3月25日に発売される乃木坂46の25thシングル「しあわせの保護色」のTYPE-Dに収録される。

    『サムのこと』(全4話)は、3月20日、21日、27日、28日に配信。4月からは4期生の賀喜遥香、清宮レイ、柴田柚菜、北川悠理と、2期生の堀未央奈が出演する『猿に会う』もdTVで配信される予定だ。

    また、今回のドラマの原作である西加奈子の『サムのこと』(デビュー作『あおい』所収)と『猿に会う」(アンソロジー『東と西1』所収)の初期短編2作を含む短編集『サムのこと 猿に会う』がドラマの配信を記念し、本日3月6日小学館文庫より刊行される。

    西は今回の実写化にあたり、「いろんな意味で、過去の自分にしか書くことができなかった短編たちです。皆さんが、どんなふうに“今”の魔法をかけてくださるのか、とても楽しみです」とコメントしている。

    ■秋元真夏 コメント
    サ行が苦手で“青春時代を過ごした少女たちの再生”という部分が少し難しかったです。後輩たちの映像を観ながらナレーションを撮るのはすごく新鮮でした。また、私がいなかったシーンの映像も観ることができたので、私も早く本編を観てみたいです!







    番組情報
    dTV『サムのこと』
    配信日時:2020年3月20日(金)、21日(土)、27日(金)、28日(土)
    配信話数:全4話(各話約20分)
    出演:遠藤さくら 掛橋沙耶香 金川紗耶 田村真佑 筒井あやめ 早川聖来 矢久保美緒 / 秋元真夏
    山本剛史 村岡希美 中島歩
    原作:『サムのこと 猿に会う』西加奈子(小学館文庫)
    監督:森 淳一
    脚本:三嶋龍朗
    協力:秋元康
    (C)西加奈子・小学館エイベックス通信放送

    dTV『猿に会う』
    配信日時:2020年4月予定
    配信話数:全4話(各話約20分)
    出演:賀喜遥香 清宮レイ 柴田柚菜 北川悠理 / 堀未央奈 ほか
    原作:『サムのこと 猿に会う』西加奈子(小学館文庫)
    監督:高橋栄樹
    脚本:穐山茉由
    協力:秋元康
    (C)西加奈子・小学館エイベックス通信放送

    リリース情報
    2020.03.06 ON SALE
    Blu-rayDVD-BOX乃木坂どこへ 第1巻』

    2020.03.25 ON SALE
    SINGLE「しあわせの保護色」

    TVCM映像
    https://youtu.be/-u4bSE7lccM

    秋元真夏ナレーション風景
    https://youtu.be/AGVOm-JwnyQ

    番組公式サイト
    https://nogizaka46.dtv.jp

    番組公式Instagram(@dtv_nogizaka46)
    https://www.instagram.com/dtv_nogizaka46/

    番組公式Twitter(@dtv_nogizaka46)
    https://twitter.com/dtv_nogizaka46

    乃木坂46 OFFICIAL WEBSITE
    http://www.nogizaka46.com
    (M-ON! MUSIC NEWS
    掲載:M-ON! Press


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>



    • カテゴリ:

    モデルプレス=2020/03/03】女優の志田未来が、俳優の村上弘明主演のテレビ東京系ドラマスシャルラストライン」(2020年放送)に出演することがわかった。

    【写真】こんな志田未来初めて… 少女から大人へ“毒かわいい”表情が話題に

    志田未来、本格推理サスペンスに挑戦

    今作は「刑事・鳴沢了」シリーズなど、重厚で正統派ベストセラーを多数生み出している警察小説の旗手・堂場瞬一氏が手掛ける同名小説「ラストラインシリーズを初のドラマ化。主人公・岩倉剛が特異な記憶力と勘を武器にラストライン(=事件の最終防衛線)となり、相棒となる新人女性刑事や元部下の上司など、周囲の人々とともに難解な殺人事件に挑んでいく本格推理サスペンスである。

    村上は、捜査一課から所轄の南大田署に異動してきたばかりで定年まであと10年のベテラン刑事である岩倉役。志田は岩倉の相棒となる元交番勤務で同じく異動してきたばかりの新人女性刑事・伊東彩香役を演じる。

    志田未来「とても光栄で嬉しかった」

    志田は今作出演にあたり「刑事役の経験が少ないのですが、今回は彩香も新人ということで、そこが重なればいいな、一生懸命さが出ればいいなという思いで演じました」と回顧。「堂場さんが私のお芝居を見て彩香にぴったりだと言って頂けことがとても光栄で嬉しかったです」と明かし、「いろんな事件が絡み合い、目が離せない作品になっています。ぜひご覧ください!」と呼びかけた。(modelpress編集部)

    志田未来コメント

    私が演じる彩香は岩倉さんとバディで、ずっと一緒に行動させていただく役なのですが、台本で読んでいた時より村上さんが目の前で演じてらっしゃる方が華やかでかっこよくて、すごく魅力的だなと思いながら隣でお芝居させてもらいました。村上さんは一緒に話し合って役を作り上げてくださり、その辺りは岩倉さんと彩香の関係性と同じなのかなと思います。私は刑事役の経験が少ないのですが、今回は彩香も新人ということで、そこが重なればいいな、一生懸命さが出ればいいなという思いで演じました。堂場さんが私のお芝居を見て彩香にぴったりだと言って頂けことがとても光栄で嬉しかったです。いろんな事件が絡み合い、目が離せない作品になっています。ぜひご覧ください!

    村上弘明コメント

    ラストライン」は、真実を突き止めるためひたすら全力で事件に向き合う刑事のあるべき姿を、堂場さんが願いと理想をこめて主人公岩倉剛に託した作品だと思います。岩倉の優先順位は、あくまで真実の探求と犯人の逮捕です。そのためには手段を選ばず、少々ドラスティックに法すれすれのことまでやってのけます。まさにこんな刑事がいてくれたら。早急な犯人逮捕と冤罪を失くすという一般市民の願いがこめられた作品であり、岩倉剛という人物像にその願いが集約されていると感じながら、この役に取り組みました。

    ドラスティックな刑事、痛快なエンターテインメント作品であるとともに、その根底には多様性をめざす社会において、同調圧力によって真実を埋没させてはいけないという願いがこめられています。「ラストライン」面白くて、せつないドラマです。ぜひ、観てください。

    Not Sponsored 記事】

    志田未来(C)テレビ東京


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>



    このページのトップヘ