あいどるニュース!

当サイトは、アイドルに関する情報の5chやTwitterの声をまとめています

    2020年01月


    グラビアアイドルの高橋凛が、最新イメージDVD『やわふわ りんりん』(4,180円税込 発売元:ラインコミュニケーションズ)をリリースした。

    "橘花凛"の芸名で2014年グラビアデビューし、91cmのHカップバストにクビレたウエストラインという抜群のプロポーションで人気を博した高橋凛。2015年にはグラドル登竜門的ミスコン「日テレジェニック2015」を獲得して大きな話題を集めた。そんな彼女が現在の芸名に改名して2枚目となるDVDリリース。沖縄・宮古島で撮影された最新作は、高橋とデートをするというシチュエーションものとなっている。

    今作ではそのバストを露出した衣装や水着姿を着用し、胸の谷間はもちろん、横乳や下乳を披露するなど、バストフェチにはたまらないシーンが収録されている。特にバスルームや夜のベッドシーンでは、バストを立体的に楽しめる

    なお、同DVDの発売を記念したイベント2月2日に東京・秋葉原ソフマップAKIBA1号店 サブカルモバイル館6F(14:00~)で開催される。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>




     アイドルユニットsherbetメンバーで、人気グラビアアイドル橋本梨菜が自身のTwitterで27日、撮影で訪れているグアムでのセクシーなビキニショットを披露し、話題を呼んでいる。




    橋本&犬童のセクシーショットに反響


     橋本は、「朝、海いく前の写真 めっちゃむくんでる笑」というコメントとともに、自撮り写真を公開した。


     これに対してネット上では、「まじ、かわいい!」「黄緑が映える身体」「相変わらずセクシー」などの絶賛コメントが寄せられている。


    橋本梨菜の二十歳の振袖姿が初々しい!


     「日本一黒いグラビアアイドル」「なにわのブラックダイヤモンド」の愛称でグラビアファンから人気を集めている橋本。グラビア活動だけでなく、バラエティ番組にも多く出演し、さらに注目されている美女だ。


    >> ScoopieNews の最新のグラビア記事はこちら


    ※写真はTwitterから

    ※画像はTwitterから


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>




    「継つぐもも」主題歌はOPをA応P、EDを東城陽奏が担当 | ニコニコニュース



    4月から放送を開始する「継つぐもも」の主題歌アーティストが決定した。オープニング主題歌「風吹けば月夜の果てに」をアニメ応援アイドルグループA応P」が、エンディング主題歌「春、奏で」を「魔王様、リトライ!」の東城陽奏が歌う。

    同作は、浜田よしかづ氏が「月刊アクション」(双葉社刊)で連載している人気伝奇バトルアクションマンガテレビアニメ化第2期。平凡な男子中学生加賀見かずや(CV:三瓶由布子)が、長い年月を経て生まれた、帯の付喪神(つくもがみ)"つぐもも"の桐葉(大空直美)とともに、怪異を調伏(ちょうぶく)する「すそはらい」として、さまざまな事件に立ち向かっていく姿を、バトルあり、お色気ありで描く。第1期は17年に放送されており、1月22日に発売された原作単行本第24巻の特装版には、クラウドファンディングによる支援を受けて制作されたOVAが付属している。

    起用にあたり「A応P」の春咲暖は「疾走感のある和テイストな楽曲です! たくさん聞いていただきたいです!」と「風吹けば月夜の果てに」を紹介し、堤雪菜は「ハイセンスギャグに付喪神という最高の設定、2期も楽しみです!」と番組の放送開始に期待を寄せた。また、東城は「かずや、桐葉をはじめとしたみんなが、あまそぎを倒していく中で様々な困難に直面しながらも、前を向いて進む姿を見て制作しました。『春、奏で』が桜の花びらのように物語を彩ることができたらうれしいです」とコメントしている。

    「継つぐもも」は4月から放送開始


    (出典 news.nicovideo.jp)



    <クレヨンズ>ワンマンライブで2時間大盛り上がり! | ニコニコニュース



    4人組のアイドルグループ「CRAYONS(クレヨンズ)」が、東京・大塚Deepaでワンマンライブ「Be best perfectly imperfect.」を開催。約2時間、アンコールを含め全21曲を披露した

    【写真を見る】最年少メンバー奥野未悠

    セットリストメンバーが考え、さらに4章立ての構成となった本ライブ。章ごとには際立った特徴があり、大盛り上がりのワンマンとなった。

    「We are CRAYONS」から始まった1章は、アップスローテンポを変えた曲が並び、同じアップであっても曲の雰囲気の違うものを選ぶなど、CRAYONSの持ち歌の多彩さを如実に感じられ、聞いていて楽しい演出だ。

    続く2章はソロコーナーメンバーそれぞれがかわいい衣装に身を包んでソロ曲を熱唱。

    さらに3章は、1章の構成に磨きをかけた、さまざまなメロディーが楽しめる雰囲気のあるゾーン

    曲間には多少のインターバルはあるものの、ほぼノンストップの構成で、一気呵成に5曲を歌い切っていた。

    「My Favorite Girl」でメロディアスな雰囲気を振りまいたかと思えば、バラード調の「君と」では一転、会場の情感を高め、12月定期の新曲「With you…」では(多少時期はズレるが)ホワイトクリスマス的な厳かさというか、カップルで過ごす多幸感を味わわせてくれた。

    最後はかっこいい「Lost Love」と、アップテンポで盛り上がり必至の「ぴょんぴょんBEYOND!」で締めだ。

    ファイナルとなる4章では、今までの熱気を塗り替えるような、大盛り上がりの楽曲を集めた沸きゾーンという構成。

    中村千紗の歌い出しの歌声が見事な「片想い」から始まり、必殺の「スタートラインズ」でさらなるヒートアップ

    英語の歌詞もカッコイイ「Force Force」、歌い上げるような名曲「逡巡のエモーション」で、場内の感情をマックスに高めた後は、まさかの「夏恋」がラストソング

    「夏みたいに盛り上がろうぜ」の掛け声にのせられ、会場の熱気はもう一段上がり、「熱い 熱い 熱い 夏」と描かれた歌詞のようなうねりをもって、本編は終了した。

    すかさず熱いアンコールが巻き起こり、それに応えて再び登場してきたメンバーは(ワンマンTシャツにお色直し)、「スタートラインズ」「ぴょんぴょんBEYOND!」を熱く歌唱し、最後の最後はMVも公開された「片想い」で終了だ。

    奇しくも「スタート~」「片想い」ともに、中村千紗が歌い出しを担当しており、聞く(歌う)ごとに磨きがかかっていくその歌声は、まさに聞き惚れるという言葉がぴったりな印象だった。(ザテレビジョン

    東京・大塚でワンマンライブを開催したCRAYONS(クレヨンズ)


    (出典 news.nicovideo.jp)



    【元記事を音楽ナタリーで読む】

    avandoned2月24日に東京・KOENJI HIGHで行う出雲にっきの生誕イベントavandoned 出雲にっき生誕祭 わんきゅう!!」をもって解散する。

    avandonedは2014年7月にあヴぁんだんど名義で結成された女性アイドルグループ。昨年1月に現在のグループ名に改名し、唯一のオリジナルメンバーである宇佐蔵べにがプレイングプロデューサーに就任した。解散後の各メンバーの活動については未定とのこと。

    avandoned 出雲にっき生誕祭 わんきゅう!!

    2020年2月24日(月)東京都 KOENJI HIGH

    avandoned


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>



    このページのトップヘ