HKT484月13日福岡市にあるパピヨン24ガスホールで『チームH「RESET」公演 指原莉乃 卒業公演』を開催した。指原莉乃にとってHKT48劇場でのラスト公演を見届けた尾崎充HKT48劇場支配人がその夜、HKT48公式Twitterで心境を綴っている。

指原莉乃2012年6月中旬にAKB48からHKT48へ移籍した後、2013年1月に佐藤和也HKT48劇場支配人の後任として着任した尾崎充支配人。同年4月28日指原がHKT48劇場支配人を兼任することが発表され、異例の2人体制となった。

それからおよそ6年を経て、その指原莉乃が卒業公演を終えた。尾崎支配人は深夜、「全てに感謝」と投稿した手紙で「いつのタイミングだったか…卒業の話を聞かされるたびに切なさを覚えた」と切り出す。

彼は48グループについてまだあまり知らないなかHKT48劇場支配人になった。だが、それまでマネージャーやADなど業界で仕事してきた経験と40年以上の人生を過ごしてきた自負はある。

HKT48メンバー指原莉乃が劇場支配人を兼任することになっても「彼女はふた回りも下だ」とたかをくくっていた。しかしやがて認識を改めることとなり、「舐めていた…」「彼女からたくさん学んだ 感謝しかない」という。

なかでも一番印象深いのは「ネバーマインド」と「ネバーギブアップ」の精神でピンチチャンスに変える強さである。

「彼女から受け継いだ“意志”で頑張るしかない。上を向いて歩こう」と彼女のHKT48ラストシングルにかけてメッセージすると、「指原、『行ってらっしゃい!』HKT48“もう一人の”劇場支配人尾崎充」と結んだ。

そんな尾崎支配人について、指原莉乃はこれまでに自身のTwitterで「HKTの本当の支配人尾崎さんです。すごくいい人です。指原がHKTに移籍してからAKBにいるから最初はあんまり知らなかったけどAKBメンバーにもかなり好かれてる方なのです」、「打ち上げ。最初はバラバラに座ってたけど、最終的にみんなひとつになって。こんな打ち上げはじめて! 激辛料理を尾崎さんとじゃんけんして負けた人が食べて…ちなみにキャップが負けて。笑 なぜか流れであおいが食べさせられて食べる前から泣いて。食べてないて。笑 なにこの幸せグループ」、「もちろん尾崎さん+マネージャーの楽しい安全なHKT大人会」、「いろんなスタッフさんから写真もらうけど尾崎さんが圧倒的に写真上手」などとツイートしており、お互いの信頼がうかがわれる。

画像2枚目は『指原莉乃 2014年11月8日Twitter「尾崎さんと偶然ペアルック。。。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>